読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

宣伝・販促

香港で感じた「お料理のビジュアル」の大切さ

久しぶりの更新になります。私用で香港と深圳に行っていました。食は広州にありとは昔から言いますが、何を見てもおいしそうに見えたというのが実感です。実際には美味しい料理もありましたし、もう食べなくてもいいと思う料理もありました。日本人には馴染…

ポイントやキャッシュバックに魅力を感じる大衆

食料品の買い物へ出かけるとどこのスーパーでも今日はポイント5倍デーなどというサービスをしています。また、インターネットで買い物をしたことがあればおわかりでしょうが、ポイント7倍とか、19倍とかお店や時期によって付与されるポイントが変わります。…

ワンコインは諸刃の剣

今日はワンコインについて話します。筆者はワンコインをはじめ、半額セールなどで失敗した経験があるため、小さな飲食店に対しては、後にも先にも安売りを推奨する話はしませんのでそのつもりで読んでください。 客数や売上低迷は誰でも経験する お店をオー…

チラシには必ず画像を盛りだくさんで

このブログも約1か月くらい続けてきまして、次第にアクセスが伸びているのが嬉しく思います。ブログのアクセス数は、小さな飲食店に例えると客数が増えるということで、毎日1投稿、こうして40記事目を書けるということは「お客さん」が「応援してくれている…

ポイントカードと特典

もう数年前になりますが、いまどき紙のポイントカードにスタンプを押しているお店なんかないですよ、と言われたことがあります。当時はフェリカを使った交通系ICカードや電子マネーはそれほど普及しておらず、お店のカードリーダに軟質のプラスチックのカ…

定休日に営業してみる、結果は?

これも私の経験でのお話になりますが、エリアマネジャーとして店舗指導にあたっていた某社を退職し、独立して1店舗にどっぷり浸かって切り盛りしていた時代、売上が思うように伸びずに大変苦戦しておりました。 これが自分の実力なのか…と精神的に苦しい日…

のぼりを立てる

あなたのお店はのぼりを立てていますか?立てていなければ検討してくださいね。 のぼりにはいくつかの効果が期待できます。 いま営業していることを伝える。特に雨の日や雪の日など 何屋さんか伝える 活気を出す 通行する人や車から、お店の認知度を上げる看…

メニュー表をリニューアルする

前回の価格の改悪の項で触れましたが、小さな飲食店はたびたびメニューが変わったり、価格の見直しがされます。 特にオープンして1年未満にその傾向が強く、せっかく業者さんと何度も打ち合わせて作成した数万円のメニュー表も、テプラで価格を書き換えたり…

もう1品注文してもらうには?

売上は、客数×客単価 ですから客数ばかりではなく、客単価を上げる取り組みも必要です。 ここに回転率を掛け合わせることもありますが、月商100万円程度では満席になることのほうが少ないでしょうから、よりシンプルに考えるため、客数×客単価にします。 …

ポスティングをしよう

ホームページが必要な理由については以前触れましたが、ホームページはお客様がアクティブにアクセスしてくるのに対し、チラシはあなたがアクティブにお客様にアクセスするためのツールになります。 ポスティングの効果については疑問視されることが多いので…

ショップカードを作ろう

ショップカードはお店の名刺のようなもので、パソコンとあなたのお店の看板メニューの画像が1枚あればカンタンに作れます。イメージ的には年賀状を自分で作るより楽しく易しいと言えます。 今や年賀状もネットでデザインして発注できるように、こうした商用…

お料理の写真を上手に撮るコツ

前回のホームページ作成の話題の続きになります。 では、メニュー写真を美味しそうに撮るにはどうしたら良いでしょうか。 カメラは一眼レフにF値の低い単焦点レンズがあるといいでしょうが、これを読んでいる方はカメラに詳しい方ではないと思いますので、シ…

あなたのお店を知ってもらうためにホームページは必須

ご近所の飲食店ならともかく、何らかの媒体を通じてあなたのお店を知るとすれば、ネット上からの情報である可能性が高いと思いませんか。 いまや70歳前後の人でもインターネットで調べものをしています。この世代の人々があなたのお店を検索して、自分で車…

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます