小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

広告業者の営業担当から情報を得る

小さな飲食店には、広告関連のセールス担当者がたくさん来ます。 フリーペーパーに掲載しませんか。いまなら1ページの8分の1サイズを、格安でこのお値段でご用意できます。商談後にはじめて「あの雑誌って繁盛店を取材しているようで、実際はお店からお金…

ポスティングをしよう

ホームページが必要な理由については以前触れましたが、ホームページはお客様がアクティブにアクセスしてくるのに対し、チラシはあなたがアクティブにお客様にアクセスするためのツールになります。 ポスティングの効果については疑問視されることが多いので…

食べ物を売るのではなく、まずアナタを売ることから始めよう

タイトルにあるように、自動車の販売であれ、生命保険であれ、塾の講師であれ、営業職で成功している人というのはモノを売る前に自分自身を売っているものです。 スーパーセールスマンと言われる人たちは、例外なくその人自身がお客様から圧倒的な支持を得ら…

ショップカードを作ろう

ショップカードはお店の名刺のようなもので、パソコンとあなたのお店の看板メニューの画像が1枚あればカンタンに作れます。イメージ的には年賀状を自分で作るより楽しく易しいと言えます。 今や年賀状もネットでデザインして発注できるように、こうした商用…

実際の原価のお話

飲食店は商売の基本を学ぶには最適だと言われています。それは損益計算書が単純かつ基本的な要素ばかり、というのが理由の1つでしょう。 損益計算書について、よくわからずにお店を運営されているとしたら、よほど運が良いか、失礼ですが自殺行為かどちらか…

建物の経年劣化は、実は清潔感がある?

お客様にとって、あなたのお店が清潔かどうかを感じ取るポイントがあるのでご紹介します。 住宅であっても、新築と中古であれば「基準」が違います。ここでいう基準というのは、新築ならこのくらいキレイで当然という基準、築10年ならだいたいこんなもので…

お料理の写真を上手に撮るコツ

前回のホームページ作成の話題の続きになります。 では、メニュー写真を美味しそうに撮るにはどうしたら良いでしょうか。 カメラは一眼レフにF値の低い単焦点レンズがあるといいでしょうが、これを読んでいる方はカメラに詳しい方ではないと思いますので、シ…

あなたのお店を知ってもらうためにホームページは必須

ご近所の飲食店ならともかく、何らかの媒体を通じてあなたのお店を知るとすれば、ネット上からの情報である可能性が高いと思いませんか。 いまや70歳前後の人でもインターネットで調べものをしています。この世代の人々があなたのお店を検索して、自分で車…

売れ筋メニューは考えずに伸ばす。他のアイテムはよく精査する

飲食店に限らず食品に関してはベストセラーというものが必ずあって、寿命が長い商品だと50年くらい続いている商品があります。 それらの商品は、消費者にあまり気付かれないようにプチリニューアルをすることもあるそうですが、あくまでも10年とか20年…

まず客観的に数値を分析しよう

1店舗で勤務をしているとオープン前の清掃や仕込み、クローズ後の発注や入金まですべての業務に精通しており、すべて自分でやった方が早いですし納得いくものです。他人に任せても自分と同じ仕事をしてくれませんから、不満ばかりが募りがちです。その気持…

時間を生み出し、売上アップの対策を打とう!

小さな飲食店は時間に追われている! 開業オーナーであれ、雇われている店長であれ、飲食店で責任者として従事している人ならば、1日中お店にいるのが普通だと思います。8時間の勤務で1時間の休憩を取って拘束時間9時間でハイさようなら、なんてちょっと…

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます