読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

待ち時間を退屈させない環境

 どんな飲食店であっても、お客には待ち時間というのがあります。立ち食いそばでもない限り、注文するまでの時間、お料理が運ばれてくるまでの時間、食べ終わってお会計に立つまでの時間、これが二人以上のグループであっても、夫婦や親子であれば会話もせずに個々人がスマホをいじっていたりするので1人で来ているのと何ら変わりません。また、相手がお手洗いに行っている時間なども待ち時間です。この待ち時間というのは、意外と長く感じるもので、何もせずに居られる人はめったにいません。そして実はこの待ち時間対策が重要なのです。

待ち時間に退屈させない環境を提供する。

 はるか昔のレストランには、コインを入れるとおみくじのようなものが出てくる球みたいな置物が各テーブルに置かれていました。インベーダーゲームなどのテーブルゲームだったり、マンガや雑誌が置かれていたり、テレビがあったり、今ではフリーWiFiが使えるということも、それらが例えお店側が意識していなくても、結局は待ち時間対策だと言えます。

 

 お店側はこういったサービスをもって売上が向上するかもしれないとにわかに期待しているかもしれませんが、心の中ではマンガを置いたりWiFiが使えることでお客が増えるわけはないな、と思っていることでしょう。むしろ、滞留時間が長くなって回転率が悪くなる弊害の方を重視しがちです。しかし実際のところ、1人で来るお客はそんなに暇ではなく、たいてい食べたらすぐに帰るものです。もしあなたのお店にマンガが1万冊置かれていたとしても、フリーWiFiが使えたとしても、1人で3時間もマンガを読んでいたりスマホをいじっているお客なんて相当イレギュラーです。普通は飲食店に1人で数時間もいたら、精神的に居心地が悪くなって帰ります。居心地の良さを提供しているようなコーヒーチェーンですら、通常は1時間もしないうちに帰ります。

 

 ちなみに回転率が下がる一番の原因は女性客のおしゃべりです。こちらは3時間以上なんてザラです。低価格のランチメニューでピークタイムが始まる前からアイドルタイムに突入するまでいたりします。小さな飲食店でこういった客層に支配されると、満席になってそれで終了、という残念な結果になってしまいます。その日の売上が午前中から見当ついたりします。

 

 話を戻しますが、お客の待ち時間に退屈させない環境を作るのは、お店のサービスの一環だと言えます。雑誌を置くにしても、毎月継続して入れ替えるような必要はありません。退屈させなければいいだけなのです。マンガも然り。古本で十分です。流行りのマンガは必要ありません。今の時代はWiFiは使えた方がいいでしょう。最近では高齢者でもスマホを所持しています。これは時代の潮流ですので、流れに乗るべきでしょう。

 

 繰り返しになりますが、雑誌やWiFiはお客を呼ぶためのエサではありません。本質は待ち時間を退屈させない環境作りの一環だということです。最低限の準備で構いませんから、何かしらの用意をしておきましょう。

 

 ちなみに子供向けの絵本も好まれます。1冊用意しておくと便利です。

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます