読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

あなたは客席をきれいに出来ていますか?

 今日は飲食店のお掃除についてお話しします。

 

 まずみなさんは、厨房と客席ではどのくらいの比率で清掃をしていますか?ほとんど人は、キッチンとホールの両方を、自分ひとりで務めなくてはならないお店か、一日中厨房内で勤務するお店のいずれかで仕事をしていることと思いますので、9割くらい厨房の清掃で、残りの1割程度が客席の清掃ではないでしょうか。

 

 小さな飲食店で、一日の大半を客席で接客している人は、ごくまれだと思います。そうなると必然的に厨房の汚れが目立つようになり、厨房の清掃が中心になりがちです。そもそも客席より厨房のほうが汚れるのは当然です。毎日の清掃の他に、ダクトフードやグリストラップ、コンロのゴトク、シンク回りなど、清掃しなくてはならないことがいっぱいです。

 

 ですが、お客さんにとっては厨房内は見えませんし、利用するのは客席やトイレ、駐車場ですから、そっちをきれいにしてよね。という風になります。特にテーブルやメニュー表、トイレは誰かが利用の都度、掃除をしてほしいと思うものです。

 

 ところが多くのお店では、アルバイトのホールスタッフがオープン前にテーブルを拭いてトイレを掃除し、カスターセットの補充くらいで終了しているのが実態ではないでしょうか。あとは閉店後にテーブルの上に椅子を上げて掃き掃除とモップ掛けくらいですか。

 

 これではお客の求めている清潔レベルと、お店が提供している清潔レベルに差異が生じるのは当然です。

 

 そこで、どうしたらこの問題を解決できるか考えてみましょう。

 

 まず、ホールのスタッフを雇っている場合、スタッフの資質を見極めましょう。客席をきれいに保つ、きれいか汚いかを感じることができる感性を持ち合わせているか、これはもう申し訳ありませんが、一般論として、主婦業が出来る女性が最適です。この分野は男性には通じないことが多いですし、親元で暮らしている学生さんなどでは求める基準を満たせないことが多いです。ですから主婦が最適です。乱暴な言い方をしていますが、一般論であり、確率的にそうだということを強調しておきます。接客の感じが良くて、清潔に関してよく気が付くようなスタッフというのは、100人中1人いるかどうかの世界ですが、そのように教育していかなくてはなりませんし、最初からそういうスタッフを採用するために根気よく待ち続けるというのも方法です。

 

 ホールスタッフを雇っていない場合は、あなた自身がやらねばなりません。あなたの心がけしだいで客席はきれいに保たれますし、荒廃もしていきます。自宅をきれいにできない人には、職場もきれいにできません。なぜならこれはきれいかどうかを判断できる感性や、これまでの職歴や受けた教育、育ちの問題だからです。清掃もマニュアル化すれば清潔レベルを維持できると考えられていますが、実際には難しいです。多くの現場では、もっとも優先度が低くて後回しにされがちなのも理由のひとつです。

 

 継続は力です。毎日少しだけの時間と場所だけでいいですから、1か所ずつクリーンアップして客席の清潔レベルを上げていきませんか?

 

 

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます