小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

平日のランチの趣向は、労働者が汗をかかなくなったことに関係が深いかも!?

 健康診断の事前問診で「日常的に運動をしていますか」という問いがあります。筆者はジョギングを日課にしており、週末は登山をしたり、マラソン大会に参加したり、自転車で数時間のサイクリングをしたりします。そうすると、カラダが自然とラーメンのような塩分の多い汁ものを欲します。

 

 よく市民ランナーは、レースの後にこれまでの努力のご褒美と称してみんなで焼肉パーティをしたり、居酒屋で打ち上げをしたりしています。一見これはただの暴飲暴食に思えますが、実際のところはカラダが要求しているのです。

 

 冒頭の健康診断での問診や、メタボ、ダイエットなどを含めて、このことをもう少し日常に当てはめて考えてみます。ここでは、外食中心やコンビニ弁当中心の人、揚げ物が大好きな人など、健康な食生活にあまり興味がない人は除外して考えるとして、一般的な人たちについて話題にします。

 

 筆者は学校の社会の授業で、戦後の貧しい時代から高度急成長を経る過程において、第1次産業より第2次産業、第3次産業へと産業構造が変化してきた、と学びました。第2次産業もオートメーションが進み、町工場のような中小企業が減って、生産効率が高い機械による生産が増えた、とも学びました。これは、労働者を主軸に考えると、肉体労働が減って、デスクワークをする人が増えたと見ることができます。

 

 これをもっと噛み砕いて言うと、労働者が「汗をかかなくなった」と考えることが言えます。いやいや冗談じゃない、小さな飲食店では、日常的に汗をかきっぱなしだよ、と反論があるでしょうが、オフィスで仕事をする人たちは、空調が適切に管理された環境下で、年中座って仕事をしていることが多いのです。

 

 この汗をかかない、体を動かさない、ということが、小さな飲食店にはかなり密接に関係しています。スポーツの例で触れた通り、運動をするから食欲が増す、たくさん食べても罪悪感を感じない、汗をかくからカラダが塩分を欲するわけです。

 

 ですから、こういう産業構造が変わらない限り、パンチがあるランチメニューがバカ売れすることはないでしょう。もしあなたがオフィス街でお店を構えているならば、今後のメニュー開発の参考にしてもらえれば幸いです。途中で触れた通り、揚げ物が大好きな人、外食中心の人というのも少なからずいるのですが、その人達の食の趣向とカラダの要求は一致するとは限りません。

 

 筆者がお話ししていることが、どうもピンとこない方は、その日の体調によって、缶コーヒーのブラックが美味しいと思えたり、受け付けなかったりするのを思い出してもらえればいいでしょうか。

 

 食欲というのは、考える欲求ではなく、体から発せられる信号なのです。

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます