小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

サンクスカードでありがとうを伝えよう!

 サンクスカードという感謝の気持ちを伝えるカードを使い、コミュニケーションのツールとして活用している企業があります。

 

 SNSでの「いいね!」に相当するようなイメージですが、コミュニケーションにおいては現代でもアナログの方が気持ちがダイレクトに伝わるものです。

 

 小さな飲食店は新規顧客を増やすことはもちろんですが、リピーターを増やしていかなければいつまでも土台が出来上がらず苦戦することになります。最初の1+1=2ですが、次の1+1+1=3となるか、1+1-1=1となるかが重要なのです。そこで一度来てくれたお客様に好感を持ってもらい、何度も足を運んでもらう取り組みが重要になります。

 

 付け加えますと、ビジネスはリピートが重要になります。例えば、なぜクレジットカード会社や銀行が、水道、電気、携帯電話料金を自動引き落とし登録するとキャッシュバックやポイント還元をするサービスに力を入れているのでしょう?毎月決済する、つまりリピートが重要だということなんですね。

 

 生命保険や自動車保険、携帯電話、銀行などで勤めている人たちが、あなたが所属する外食の業界に比べてはるかに高給取りで休みが多いのはなぜでしょう?それは高学歴だからでしょうか??お金が循環する仕組みが確立されたビジネスなんですね。

 

 飲食店もそうすればいいのです。

 

 さて話を戻しますが、リピーターを増やすためには先に述べたように、お客様の期待を超える何かしらの感動がなければなりません。あなたのお店にとって、それは味なのかもしれませんし、サービスなのかもしれません。もしかすると居心地の良さかもしれません。

 

 でもあなたが凡人でそこまで飛び抜けた何かを提供できないのであれば、このサンクスカードが簡単でおススメです。

 

 例えば予約してくれたお客様に「本日は数あるお店の中から当店を選んでいただきましてありがとうございます。私どものお料理やサービスはお気に召していただけましたでしょうか。何かお気付きの点がございましたら何なりとお申し付けくださいませ。またお目にかかることをスタッフ一同楽しみにお待ちしております(^^)/」のようなメッセージを手書きで書いて渡します。

 

 普通の感性を持ったお客なら、好感を抱いてくれることでしょう。

 

 サンクスカードはわざわざ用意しなくても、気持ちが伝わればメモ書きでもいいのです。

 

 あなたが朝早く出勤するとき、まだ寝ている奥さんが「いってらっしゃい、今日も頑張ってね」とテーブルにメモがあれば嬉しく思いますよね。

 

 人間というのはそういうものなのです。

 

 また、サンクスカード以外にもすべてのお客様にありがとうを伝える方法があります。

 

 私がお店で勤務していたとき、伝票の一番下にあるお会計欄のさらに下に「今日はご来店ありがとうございます」と手書きしていました。

 

 とても簡単ですが、そんなことをいているお店はほとんどお目にかかったことはありません。

 

 お客様がお店を出るときに「ありがとうございます」というのは当たり前、それだけではお客様の期待を越えるサービスとは言えません。

 

 外まで出て行って見送るだけでもかなり効果があります。

 

 そして、このカードを手渡しすると効力を発揮します。特に年配の方は大事に持っていてくれるものですよ。

 

 いつの時代も人と人との温かい心の結びつきに愛を感じ、幸せを感じるのです。家族や恋人、ボランティアだけではないのです。

 

 何気ない、あなたが贈ったサンクスカードで、あなたのお店にまた会いに来てくれるのです。

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます