読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな飲食店の問題解決

飲食店が生き残るために手を打つべき事項をご紹介します

勝っているうちに身を引く

 先日の記事でビジネスの視点で、ということを書きました。今日もビジネスの視点で考えてみたいと思います。

 

競合が多い世界でトップを走り続けることは不可能

 飲食店に限らずどんな商売でも、またスポーツの世界でもゲームの世界でも参入者が多い世界では、長くトップを走り続けるということは不可能に近いです。あなたのお店が地域ナンバーワンであったとしても長く続けることはできないのです。

 この記事は筆者の主観で書かれたものですから、あなたがどう捉えるかによって判断が異なるでしょうが、歴史を見る限りでは一代で成功する例はあっても、小さな飲食店のように成長せずに細々と勝ち続ける例はお目にかかったことはありません。

 

 筆者が出店していたお店は、読者の投稿による某グルメサイトでしばらくの間地域ナンバーワンの評価を得ており、当時のランチタイムは本当に満席状態が数回転続き、売上も絶好調でした。自作で立ち上げた無料ホームページも稚拙な内容でしたがアクセス数が高いらしく、無料ホームページサービスを提供する会社様から案件を提案されたことがあったくらいです。ところがそういうのって長く続かないんですよ。理由はいろいろあったのだと振り返りますが、一番の理由はブームでしょうか。それが去ると常連さんは残るのですが、そうではないお客さんは下降して下げ止まりするんです。この下げ止まりの状態が「安定期」言い換えるならばこのお店の「本当の実力」なのだと思います。

 

 当時はこの「本当の実力」がわからずに、なぜ売上が低迷しているのだろうと毎日真剣に悩んだものです。身を引いてからわかりました。

 

 チェーン店ではこういう事象がほとんどないですし、本部の社員以外は深く考えることがありませんが、ブランドがない小さな飲食店ではこういうことがあるのです。何度か過去の文中でも触れたかと思いますが、小さな飲食店とチェーン店では飲食店という同じカテゴリーにあっても、あらゆる面で実態が違うと言えます。それは机上での理屈ではなく、実際に両方で経験してみてわかることでした。

 

 あなたのお店がお店をオープンして軌道に乗り、高く飛んでいる時期であったり、下降して低空飛行している時期のいずれにあるようであれば、この記事の内容を少し役立ててもらいたいと思います。一度低空飛行に移行すると、再浮上は非常に困難だと言えます。繰り返しますが、低空飛行は売り上げの低迷ではなくてお店の実力なのだということです。ですから再度高く飛ぼうと思わずに、身を引くことも検討すべきだと思います。

 

 なお、この身を引くということは撤退・廃業といったネガティブなものだけではありません。チェーン店では業態変更というのをよくやります。中身はほぼ同じですが、看板だけ換えることもよくやります。移転も選択肢の一つです。中途半端なリニューアルはおすすめしません。また、低空飛行が長く続くと資金が目減りしてしまい、廃業しか選択肢がなくなることがあります。そうなる前に積極的な施策を打つことを推奨します。

 

【読者の方へお知らせ】午後から中国へ渡航しますので、明日から2日以上更新をお休みします。申し訳ございません。

プライバシーポリシー

       
  • 当サイトでは第三者配信の広告サービスを表示することがあり、Cookie(クッキー)を利用して個人情報を収集することがあります
  • 収集した情報は、広告配信事業者が適切な広告を表示するために使用します。これには氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません
  • Cookie(クッキー)を無効にすることもできます